広島・島根・岡山・鳥取・山口に25店舗を構える、振袖や結婚式などの着物を取り扱う着物専門店・写真スタジオニコを展開するやしまグループです。

広島県・島根県・岡山県・鳥取県・山口県に25店舗を構える、振袖や結婚式などの着物を取り扱う振袖専門店、写真館のやしまグループです。着物・振袖・結婚式・お手入れのことならお任せください。

お問い合わせは広島・岡山・鳥取・島根の着物やしまグループ各店舗まで

振袖感動エピソード

「振袖の魔法」
 
振袖写真撮影のために、
着付けにいらしたお嬢さまのエピソードです。

そのお嬢さまは、
きものを着ることを「苦手」と感じていて、
振袖を着て写真撮影することに
あまり乗り気ではありませんでした。

写真撮影後、振袖姿を
入院しているおじいさまに見ていただくため
振袖姿で病院へ。

病院ではおじいさまが、「きれいだね」と言って、
とても喜んでくれたそうです。
入院患者の方々に「かわいい」「似合っている」と
声をかけられたり、
ふだん、あまり彼女をほめてくれないご兄弟から
「よく似合っているね」と言われたことなど、
病院でのできごとをとてもうれしそうに
私たちスタッフに語ってくださいました。

この1日のできごとが、お嬢さまの
「きものが苦手」から「きものって素敵」へと
気持がかわる大きなきっかけとなりました。

「次はいつ着よう?」

とうれしそうに語っていた、
お嬢さまの笑顔が忘れられません。

この素敵な瞬間に立ち会えたこと、
とてもうれしく思いました。
「涙のありがとうのポーズ」

振袖前撮りでの母娘のエピソードです。

「こっちにこなくていいよ!」

ヘアメイクをしている姿をそばで見たい
とおっしゃるお母さまを
お嬢さまは強く抵抗されました。

ヘアメイクと着付けを終え、
スタジオに入るときも、

「はずかしいから、あっちに行って!」

とお母さまを遠ざけようとします。

最初からずっと、お母さまに対して
強い態度を示していたお嬢さまでしたが、
あるタイミングで、その様子が一変します。

それは、撮影の最後に『ありがとうのポーズ』を
撮ろうとした瞬間に起こりました。
お嬢さまの目から涙がこぼれ、涙、涙、涙……。

「この子、本当はすっごくいい子なんです。
父親がいないから、やりたいことを
させてあげられなかったのに、文句も言わず……」

とおっしゃるお母さまの目からも涙があふれていました。

その場にいたスタッフたちも、涙が止まりませんでした。

nico東広島店:前撮り撮影でのエピソード